生徒

医学部に合格したいなら個別指導の塾に通おう

合宿でじっくりと学習する

勉強道具

合宿をする目的

大学での授業は一般的に大人数で行われますが、ゼミの場合は少人数での授業になります。じっくりと学問に取り組むことができ、学生同士や教授を交えて討論したりすることで、学力だけでなくコミュニケーション能力の向上を目指せるのです。さて、大学のゼミの大きな特徴として、長期休暇などを利用してゼミ合宿が行われることが多いです。どうしても普段の授業だと、90分前後しか時間がないわけですから、できることが限られているわけです。しかし、ゼミ合宿をすることによって、丸一日時間を取ることができるわけですから、普段の授業ではできないことをしたり、課外活動のような取り組みができるのです。では、具体的にゼミ合宿ではどういったことをするのでしょうか。もちろん、それぞれのゼミによって活動内容は異なりますが、基本的にはチームや班ごとに別れてテーマについて討論したり、あるいはプレゼンテーションを行ったりします。むろん、それらの活動は普段の授業でも行いますが、ゼミ合宿では何時間もじっくりと取り組めるので、より本格的な討論ができるわけです。それ以外にも、教授による特別授業が行われたり、意見交換を行ったりするところもあります。また、3年生であれば就職活動に関する相談をする場合も多いです。もちろん、ゼミ合宿では勉強だけでなく、キャンプをしたりバーベキューをしたりするなど、遊びによって交流を深めたりします。ゼミ合宿をきっかけに、より学生同士の仲を深めることもできるのです。