生徒

医学部に合格したいなら個別指導の塾に通おう

ライバルに差をつける勉強

女子学生

なぜそうなるかを考えよう

中学受験の勉強法は、出題範囲をいかに深く理解しているかがカギになります。小学校で習う勉強の範囲は、中学や高校の範囲と違い、そこまで広くはありません。そのため、中学受験のライバルと差をつけることができるかどうかは、いかにたくさん覚えているかではなく、いかに深く自分の知識として理解しているかにかかっています。おすすめの勉強法として、解きなおしをすることです。正解していても間違っていても、一度、なぜそのような答えになるのかを、人に説明するようなつもりで考え、言えるかどうかを確かめます。もし、うまく説明できなかったしたところがあるとすれば、それは教科書の内容を丸暗記したものの、その中身までは理解できていない部分だと考えることができます。解きなおしのほかにも、親や塾の先生に任せっきりにしていた問題の答え合わせや添削を、自分自身でやってみることも効果的です。正答か誤答かを判定したり、部分点はどういったポイントにつくのかを分析しながら自分の解いたものを見つめることで、なぜその道筋で答えを出すのか、どう考えると答えになるのかを考える癖がつきます。中学受験の勉強法でもう一つ大切なことは、メタ認知を活用した勉強法を用いることです。メタ認知とは、自分がどのように考えているかを自分で認識することです。メタ認知を活用した中学受験の勉強とは、自分でここは理解が不十分だ、ここはもっとしっかり覚えなおさなくてはいけない、などと、自分の勉強の進捗や理解度を意識しながら勉強を進めることです。さらに、どのような環境や方法で勉強すると調子が出るかをモニタリングして生かすこともメタ認知を活用した勉強法だといえます。こうした方法により、中学受験において、がむしゃらにやる以上の効果が得られます。